So-net無料ブログ作成

(アニメ映画)劇場版 青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない [◇映画]

2019年6月15日上映開始の「劇場版 青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」を見ました。鑑賞映画館はユナイティッドシネマ豊洲です。

s-2019-04-26 16.45.24.jpg

はなちゃんもあーる君もアニメを見ていました。テレビシリーズはいくつかのストーリーを終えたところで終了し、その続きが劇場版で上映中です。
というわけで、TVアニメ見ていた人、もしくは原作の小説ファンが客層になるかと思います。

映画のタイトルは「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」ですが、ストーリー的には「青春ブタ野郎はハツコイ少女の夢を見ない」も含む感じ。映画は、はしょり気味のため、少しわかり辛いところがあるかもしれません。いろいろ含みがある終り方なので、すっきりさせるためには小説を読むのが良いのかも。

人物設定や、これまでの経緯、登場人物の人物像などほとんど説明されないので、TVアニメか原作を読んでいる人向けの劇場版アニメです。
TVアニメファンの人には待ちに待った続編、まさにTVアニメの続きとなりますので、安心してオススメできます。(^^)


nice!(0)  コメント(0) 

(アニメ映画)劇場版 誰ガ為のアルケミスト(TOHO新宿) [◇映画]

2019年6月14日から上映中の「劇場版 誰ガ為のアルケミスト」に行ってきました。鑑賞したのはTOHO新宿です。

s-2019-05-07 11.23.06.jpg

原作はゲームで、見ている人はゲームファンの人が多かったのだろうと思います。ちなみに、はなちゃんもあーる君もゲームは全くやっていない、さらに、なんの予習もなしに映画館に乗り込みました。

今回の主役となっているカスミは劇場版のオリジナルキャラクター。声優は水瀬いのりさん。

結論からいいますと、これ結構良かったです。
ゲーム知らないが故に、登場するキャラクターにくすっとするような楽しみ方は全く出来なかったのですが、それが無くても、魅力的なキャラクターを楽しむことができました。
ゲームの登場人物に混ざって、主役のカスミが普通の女の子過ぎるような気もしましたが、だからこそ、ほんわかした中の勇気や頑張りが伝わって来たと思います。

ストーリーはややありがちかもしれません。まあ、しかしそんなことよくある話なので、むしろ、よくあるいい話にうまくなっていたと思います。

入場者プレゼントが凝ってるのかも。種類がいろいろあるようです。

s-2019-06-20 22.16.37.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

(アニメ映画)海獣の子供 [◇映画]

2019年6月7日公開の「海獣の子供」を鑑賞です。映画館はヒューマントラストシネマ渋谷です。

s-2019-03-27 22.15.08.jpg

直前まで全然話題になっていなかったと思うのですが、6月3日に米津玄師の令和最初のシングル「海の幽霊」が発売され、そのあまりの曲の良さに突然話題になりました。(はなちゃんの勝手な独断的見解)
「打ち上げ花火下から見るか横から見るか」の時は、映画がなかったかのように(すみません)、曲だけが爆発的に売れましたが、今回は映画も満員の船出(サンプル=ヒューマントラストシネマ渋谷のみ)です。

確か原作の漫画は男性向けコミックの連載ですが、劇場にはカップルや女性が多くちょっと驚きでした。マニアックなアニメ映画には基本おっさんの来場者が主であることが多い(これまでのはなちゃんの経験から)ので、これは米津の力?

話は少しわかりにくく、というかわざと?イメージで伝えているようで、なんとなくスッキリしない感じです。タイトルから分かるように海が大きなテーマになっていますが、海は生命の生まれ出ずるところなんだな、海ってすごいな。。。みたいな内容でした。(すみません。はなちゃんの国語力のなさから陳腐で簡潔過ぎるまとめ)

あくまで個人の感想ですが、ファンタジーのジャンルになっているようですが、アニメでよくありがちなアドベンチャー的ファンタジーではなくて、壮大な自然の絵本を見ているような、思想を語られているような感じ。

米津のエンディングが流れて、エンドロールが終わった後で、さらに映像は続くのですが、最後の最後の話を見て、やっぱりそうかーと、なんとなく言いたいことがようやくわかるのでした。(当然映画は館内が明るくなってから退場しよう。)

用語とか表現方法とかいろんな面でお子さん向けではなく、デート向きでもない気がします。
悪くはないですが、個人的には好みの映画ではなかったです。そして米津の歌は抜群に良かったです。


nice!(0)  コメント(0) 

(アニメ映画)映画 PROMARE(プロメア) [◇映画]

2019年5月24日公開の「映画 PROMARE(プロメア)」を鑑賞です。場所は渋谷のヒューマントラストシネマです。

s-2019-05-04 11.35.06.jpg

上映館が少なめということもあって、毎回混雑しています。休日の夕方を映画をみようと、昼前にチケット取りに映画館へ行ったら全部完売でした。まじか。あわてて、ネットで新宿、品川、池袋を調べましたが、昼間の上映はすべて完売。しょうがないので次週末にリスケしてようやく見てきました。

内容としては「トリガーです」の一言。(^^;)フリクリに似ていますが、あれほどハッチャケてはいない。プロメアの監督は今石洋之さんで、キルラキルの人です。なるほど、勢いがありました。(笑)戦うシーンもノリもトリガーらしく楽しめました。

逆にトリガーらしさを楽しめないと、このノリについていけないと、やや微妙な感じがあるかもしれません。

登場人物の濃いキャラに慣れるまでちょっと時間がかかりましたが、ストーリーもわかりやすくて良かったと思います。



nice!(0)  コメント(0) 

(アニメ映画)名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト) [◇映画]

2019年4月12日公開のアニメ映画名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)を鑑賞です。映画館はTOHO錦糸町オリナスです。

s-2019-03-27 22.15.37.jpg

渋谷で見ようと思っていたのですが、のんびりしているうちに終映。新宿も終映間近で夜間上映のみになってしまい、錦糸町まで行ってきました。
錦糸町オリナスははじめての訪問だったのですが、ショッピングセンターで混雑しすぎてもおらず、目の前は大きめの公園で素敵なところでした。

今回のメインキャラクターは鈴木園子と京極真の2人。京極さん、かなりカッコよかった。
一方怪盗キッド様は今一か・・・

場面が日本でなくシンガポール。恒例の?エンディングの聖地リアル映像。アニメで表現されてるそのままの建物で驚いた(笑)。恒例の特別出演は林修先生でした。

これだけ回数を重ねても毎回楽しませてくれる安定のクオリティ。
さすがコナン。来年も見ます!




nice!(0)  コメント(0) 

(アニメ映画) 甲鉄城のカバネリ 〜海門決戦〜(新宿ピカデリー) [◇映画]

2019年5月10日から5月23日まで上映された「甲鉄城のカバネリ 〜海門決戦〜」を鑑賞しました。見たのは新宿ピカデリーです。

s-2019-03-27 22.15.21.jpg

68分と上映時間は短いのですが、全く短さは感じず、ストーリーも良かったと思います。ドキドキハラハラするところも、かっこいいところもあり、楽しめました。

ただ、これを見た多くの人もそう思ったんじゃないかと思うのですが、こんな恋愛モノでしたっけ?(^^;)いやまぁ、無名ちゃん、可愛いのは前からなんですが、こうも女の子女の子されると・・・少しキャラに違和感あったです。(私の勝手な感想です)逆に生駒はもうちょっとへたれかと。(私の勝手な感想です)

一つの海門決戦をきちんと描きながら、甲鉄城の人間模様(主に恋愛要素)のサイドストーリーという感じでしょうか。

違和感ありつつも(笑)とても楽しめました。内容良かったです。迷っているならGo!

s-2019-05-11 23.00.19.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

(映画)名探偵ピカチュウ [◇映画]

ポケモンの実写版映画「名探偵ピカチュウ(吹き替え版)」を見てきました。鑑賞館はTジョイPRINCE品川です。

s-2019-05-09 13.40.21.jpg

面白かったけれども、ポケモンぽくはなかった。アメリカの親子モノ(^^;)でした。
ピカチュウが可愛かったか、可愛くなかったか?で言えば、微妙。(笑)もふもふは、思ったよりも違和感なく、すぐ慣れました。

ストーリーはアメリカ的でありながらも、まあまあポケモンに寄せてきたという印象で、悪くは無かったと思います。アメリカンジョークがバンバンでるので、ちょいちょいくすっとする面白さなので大人向け。
上映時間の関係で吹き替え版を見たので、劇場はお子さんの来訪もわりと多かったのですが、鑑賞中、お子さんが爆笑したり言葉がでるようなシーンがとても少なかったので、お子さんうけはやや悪いと思います。

個人的には、やっぱ日本のストーリーがポケモンらしくて好きです。ただ、おっさん思考満載のこの映画も嫌いじゃありません。



nice!(0)  コメント(0) 

(アニメ映画)バースデー・ワンダーランド [◇映画]

2019年4月26日公開の「バースデー・ワンダーランド」を見ました。鑑賞館はヒューマントラストシネマ渋谷です。

s-2019-01-30 16.46.14.jpg

世の中の評価厳しいなぁ。。。私は好きでした。評価があまり良くないせいで、先入観を持ったままの目で見てしまったり、迷っていて見ないことにした人がいるとすると、勿体ないかも。

さわやかな冒険もの(?)。ある経験を通して強く成長していく、そんな物語です。それを見ている自分も少し勇気をもらえる、そんな気がしました。

主人公のアカネが成長していくストーリーですが、わたしはもうアカネの叔母のチィさんが好きで好きで。(笑)あのポジティブ思考というか、前向きさと、大胆な行動力を、本当に真似したいです。憧れます。

s-2019-01-30 16.46.21.jpg



nice!(0)  コメント(0) 

(アニメ映画) 劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~ [◇映画]

2019年4月19日公開の、劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~を見てきました。鑑賞館は新宿ピカデリーです。

s-2019-03-27 22.15.30.jpg

昨年の「リズと青い鳥」はサイドストーリー的なものだったように思いましたが、誓いのフィナーレは正当派の響け!ユーフォニアムでした。(^^)TVアニメが好きだった人は、たぶん好きと思います。

久美子が2年生になり先輩になります。後輩達が入部してきて、なかなか上手くいかないメンバと、そして自分と向き合いながら、先輩も自分も後輩も、みんな成長していくというストーリーです。青春、学園もの。(ざっくり)

ほんわかしたり、しんみりしたり。ダイナミックなストーリー展開があるわけではないですが、テンポは意外に良く、退屈することなく見ることができました。見て良かったです。(^^)これからも少しずつ成長していく彼女らを、のんびり眺めていようと思います。

s-2019-05-11 13.12.12.jpg

新宿ピカデリーはユーフォニアム押し。

s-2019-05-11 13.12.28.jpg



nice!(0)  コメント(0) 

(アニメ映画)グリザイア:ファントムトリガー THE ANIMATION(EJアニメシアター新宿) [◇映画]

2019年3月15日からEJアニメシアター新宿で上映中の「グリザイア:ファントムトリガー THE ANIMATION」を見てきました。

s-2019-03-17 11.03.48.jpg

映画館は満員。ほとんどが男性。グリザイア:ファントムトリガーはゲームファンの方が多いかもしれません。
はなちゃんもあーる君もゲームはやっていませんが、グリザイアシリーズのアニメ果実、楽園、迷宮は見ています。

いやぁ、良かったです。(^^)思っていたよりグロくもなかったし(笑)、なかなか良かったです。これまでのストーリーを知っている必要もなくて、初心者にもわかりやすかった。

グリザイア自体が一般受けはしないかもしれませんが、全国での公開館が少なすぎるのは少し残念です。アニメ映画ファンなら、誰が見ても普通に面白かったと思います。



nice!(0)  コメント(0) 

(アニメ映画)PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.3「恩讐の彼方に__」 [◇映画]

2019年3月8日公開のPSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.3「恩讐の彼方に__」を見てきました。サイコパス劇場版三部作のラストになります。ヒューマントラストシネマ渋谷でノ鑑賞です。

s-2019-03-11 15.46.56.jpg

いやー。今回のは良かった。(前回も似たようなこと言ってた気がする・・・)
完全なる狡噛回。いやー良かった。

もう些細なことでもネタバレに*絶対*なりたくないので、内容には*一切*ふれませんが、素敵でかっこいい狡噛さんを見る回です。これ、間違いない。狡噛ファンは是非見てください。付け足すならば、花城フレデリカもかっこよかったです。

意外だったのは、今回ほとんど男性だったこと。いや、Case1,Case2とも会場には女性ばっかだったじゃないですかっ!むしろ今回こそ女性で溢れるはずでしょう?!?!
サイコパスが男性にもこんなに人気だったなんて驚きました。(@▽@)

ファン必見。個人的にはCase3が一番好きでした。いいもの見せて頂きました。

入場特典。使い方は、手帳に挟んで、眺める・・・のだと思う。

s-2019-03-12 07.14.43.jpg

Case3が始まって、サイコパスボードが出来ていました。

s-2019-03-11 15.44.59.jpg




nice!(0)  コメント(0) 

(アニメ映画)PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.2「First Guardian」 [◇映画]

2019年2月15日公開のアニメ映画、PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.2「First Guardian」に行ってきました。訪問したのはヒューマントラストシネマ渋谷です。

s-2018-12-30 13.17.02.jpg

今回は結構人情モノ。少し泥臭いようで、でも背景はちゃんと近未来的。とてもバランスの良い作品になっていたと思います。青柳監視官や宜野座さん。ストーリーが良くできていて、しんみりしたり、ホッとしたり、驚いたりした60分でした。内容はかなり濃いものだったと思います。

1時間の映画でこの内容は素晴らしい。サイコパスの設定や登場人物を知っていないと理解が難しいかもしれません。サイドストーリー的な内容です。ファン向の方には絶賛おススメです。1時間の映画で1500円は高い、などと言ってる場合ではありません。



nice!(0)  コメント(0) 

(アニメ映画)劇場版 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか―オリオンの矢― [◇映画]

2019年2月15日封切りの「劇場版 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか―オリオンの矢―」に行ってきました。シネリーブル池袋で鑑賞しました。

s-2019-01-30 16.46.44.jpg

ダンマチは人気アニメでしたから、平日夕方の回でしたがほぼ満員でした。そして、男子が大多数。さすが(^^)ダンマチ。

良くあるTVアニメキャラクターが、きゃっきゃうふふするだけの劇場版(なぜかこういうのあるある)内容かと思っていたのですが、ちゃんとしたストーリーでした。
少し、悲しく切ない物語。でも、それで良かったんだと、それが正しかったんだと、そう思うことができる、そんな内容でした。(;。;)でもぉ。もごもご。

ヘスティアは相変わらずで、いい味出していました。(^^)あの紐も、もう見慣れちゃってどうとも思いませんが、どうなってるのかはいまだ不思議です。(笑)

ダンマチらしい良い映画でした。

s-2018-11-17 11.54.59.jpg

s-2019-01-30 16.46.50.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

(アニメ映画)劇場版シティーハンター<新宿プライベート・アイズ> [◇映画]

2019年2月8日から公開の「劇場版シティーハンター<新宿プライベート・アイズ>」に行ってきました。

s-2019-03-08 15.54.37.jpg

今頃の(@▽@;)シティーハンター。劇場版!?・・・まじか、と、半信半疑でしたが、確かに劇場版の映画になったようです。(笑)
劇場は、おっさん&おばさんばっかりなんやろうなー・・・と(自分のことは棚に上げ)、ドキドキしながら映画館に向かいます。

いやぁ、最近のアニメ作でも比較的年配が多いってのはありますが、今回はお子さん連れのファミリーで来ている方もいましたね。いいんですか?お子さんがいて。シティハンターと言えば、もっこりですよ。(><)

そういや、最近めっきり見なくなりましたね。主役がもっこりアピールってやつ。ちょっと前までは、最近のアニメでも結構ありましたが、ここまでオープンなのは少なくなってる気がします。
まあ、正直ちょっと品がないし、そもそも共感できないので、個人的には嫌い。

神谷明さんの声も、多少違和感がありましたが、徐々に耳が慣れて行きました。(苦笑)
なぜか途中でキャッツアイも出てきました。しかし、劇場版になるならキャッツアイの方が良かったんじゃないか(^^;)

最初結構ダメダメな冴羽獠でしたが、後半はそこそこかっこよく決まり、よかった。
シティハンターの雰囲気に徐々に慣れてきて、後半から楽しめるようになってきて、結構笑ってしまいました。会場からは「懐かしい~」の言葉がちらちら聞こえました。

さすがに、絵も音も古い感じで、最近のアニメファンには少し厳しいかも。
往年のシティハンターファンのみなさんには、懐かしい映像とお話、声優さんたちです。

入場記念で頂いたカード。↓全部キラキラしてる。

s-2019-02-26 20.43.00.jpg



nice!(0)  コメント(0) 

(アニメ映画)劇場版 幼女戦記 [◇映画]

2019年2月8日公開の、劇場版 幼女戦記に行ってきました。
角川シネマ新宿、今の名は「EJアニメシアター新宿」です。こんなどこにでもありそうな名前、覚えられないよ・・・

s-2019-02-10 23.07.48.jpg

公開直後に行ったせいもあってか、メッチャ混んでいました。若い男性が多かったです。

結構面白かった。(^^)
良くも悪くも幼女戦記で、幼女戦記以上でも以下でもない、という感じ。
ストーリーは想像の範囲内ではありましたが、満足度は高いと思います。

登場人物の説明もないし、もちろんターニャ・デグレチャフに関してもなんの説明もないので、ここまでのストーリーは知っているという前提で見るモノと思います。ファン向け。

座席指定なのに、入場に階段の下まで並ぶというEJアニメシアター新宿のオペレーションが謎でした。ネット予約した人がチケットを出力する機械が1台しかなくて、メッチャ列が長くなっていました。売店も処理が追いつかないようで、長蛇の列でした。
#もう、どの列が何の列なのか全然わからない。(^^;)

リニューアル後のEJアニメシアター新宿を初めて利用しましたが、映画館の設備やオペレーションには若干の疑問がありますが、画面はあまり大きくないもののどの席からも比較的鑑賞しやすく、悪くないです。

s-2019-02-10 13.59.35_LI.jpg

鑑賞記念のミニ小説。

s-2019-02-11 21.34.29.jpg

アニメ上映を専門にしているようなので、今後もちょくちょくおじゃまする映画館になるかもしれません。(^^)



nice!(0)  コメント(0) 

(アニメ映画)あした世界が終わるとしても(新宿ピカデリー) [◇映画]

2019年1月25日から上映中の「あした世界が終わるとしても」に行ってきました。
見に行ったのは新宿ピカデリーです。

s-2019-01-27 13.19.52.jpg

ソウタイセカイという元になったアニメがあるようですが、特に前情報無しで映画館に向かいました。

ストーリーが良かったと思います。わかりやすい設定で理解も難しくありません。他にありそうで、意外になかった・・・ような・・・何度もあったような物語。(苦笑)
ジャンル的にはSFです。(アニメ映画は、たぶん、ほとんどそう)
最近はやりの3Dアニメが、不慣れな人には気になったかもしれません。

少し暗め、重めの内容なので、見終わってやや無口(・・)という感じです。
ちょっと?謎の個所があり、それがなにを意味しているのかは、いまだに謎。
トータルで、そこそこ楽しめるアニメと思います。貴重なオリジナル劇場アニメですし。
大人向けのアニメです。

↓ヒロインはとても可愛いかったです。

s-2019-01-27 13.19.39.jpg



nice!(0)  コメント(0) 

(アニメ映画)ラブライブ!サンシャイン!!-The School Idol Movie Over the Rainbow-(TOHOシネマズ渋谷) [◇映画]

2019年1月4日から上映開始の
「ラブライブ!サンシャイン!!-The School Idol Movie Over the Rainbow-」
を見てきました。

s-2018-11-11 12.03.03.jpg

新年からの上映だったせいか、まだ人は少なめでした。
男性ファンが多めですが、渋谷は女性ファンや奥様釣れたおっさんも来てました。
#あーる君のことではない。(笑)

ストーリーはとても軽め。ちょっとしたことが原因でイタリアに行くのですが(普通そんなことにはならない)、元気に走り回る彼女たちを微笑ましく見るストーリーです。
1つのお話というよりはイベントに近いので、劇場版で見るには少しお話がゆっくりすぎるのかなーという気がしました。

個人的にはもっと歌のシーンがあると良かったかな。

s-2019-01-06 12.50.42.jpg

上映前に撮影会(^^;)があります。鑑賞回は千歌ちゃんでした。

s-2019-01-06 13.24.18.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

(アニメ映画)GODZILLA-星を喰う者-(第三章) [◇映画]

2018年11月9日公開のGODZILLA-星を喰う者-(第三章)を見ました。

s-2018-11-03 15.47.14.jpg

この映画3部作で今回が最終章。ここまで話がめっちゃ膨らんで
どうするのかと心配していましたが、心配が現実になっていました。(意味不明)

実はこの3章ですが、見る前には内輪(はなちゃんとあーる君)で、
どう丸めるのか?もしくは畳めるのか?まさか、畳まないのか?
と、議論になっていました。(笑)
公開日を待った人達は皆多かれ少なかれそんな心配をしていたはず。

やはり。。。。
ラストはあれで良かったのか?!議論の余地はありそうです。
個人的にはこの終わり方はちょっと違うかなーという感じです。

100%納得できないとは言え、なんとなくこれでもいいかな・・・
という、そんな気はします。
一応、全体のからくりも綺麗にまとめました。(^^;)

ゴジラ(と、それ以外の怪獣)好きな人にはあまりお勧めできないかも。
3部作で時間がたっぷりあるのは良い。壮大さも嫌いじゃない。
でも、最後ちょいモヤなのは好きじゃない。


nice!(0)  コメント(0) 

(アニメ映画)続・終物語(TOHO上野) [◇映画]

2018年11月10日公開のアニメ映画「続・終物語」へ行ってきました。
西尾維新原作のシリーズ劇場版アニメです。

s-2018-11-11 09.17.25.jpg

卒業式を終えた暦が、鏡の中に吸い込まれ、
あらゆることが反転した世界に迷い込んでしまいます。

終物語の続きということですが、これまで出てきた登場人物がどんどん出てくるので、
物語シリーズをそこそこ制覇している人が一番楽しめると思います。

知らない人でも解るように多少の説明はありつつも、
今回のストーリーでは、そもそもの原キャラを知らないとちゃんと楽しめない。
なにげない会話の中にも、これまでの経緯を知らないと理解しづらいところがあります。

逆に、これまでずーっと物語シリーズを見てきた人にとっては、
とても楽しめると思います。ストーリーもよかったと思います。
はなちゃん的には、結構オススメの映画です。

s-2018-11-11 13.05.28.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

(アニメ映画)劇場版 魔法少女リリカルなのは Detonation [◇映画]

2018年10月公開の「劇場版 魔法少女リリカルなのは Detonation」を見に行きました。

s-2018-08-20 12.16.58.jpg

2017年7月公開の「劇場版 魔法少女リリカルなのは Reflection」の続編です。
もう1年以上前に前編を見たので、ストーリーを忘れていましたが、
映画が始まってすぐに、前編の思いだしをちょこっと上映してくれて、
(@▽@)あっ!そうだった、そうだったーと、なりました。

もちろん観客は男性の社会人くらいの人が多いのですが、
後ろの席の二人組男性が片方の男性に「えっ?お前今日初めて?」と
驚いていたことに、驚きました。(^^;)
そうだよね。今日、もう3週目だもんね。みんな3回目だよね。(^^;;)

前編の時もそうでしたが、リリカルなのは本編+おまけ編で上映されており、
おまけ編は、1週目、2週目、3週目・・・と内容が少し違うのです。
だから、何度も見に来られる仕様になっています。いや、私は来ないけど。

なのはちゃんず可愛い。水樹奈々さんの挿入歌が何回が流れ、すごくいい。
もう、全員が強すぎて、東京壊滅寸前。(笑)
そして、最後はやっぱりハッピーエンドで良かったです。
見て良かったと思える作品でした。




nice!(0)  コメント(0) 

(アニメ映画)Re:ゼロから始める異世界生活 Memory Snow [◇映画]

2018年10月公開の「Re:ゼロから始める異世界生活 Memory Snow」を見ました。

s-2018-05-03 08.54.25.jpg

OVAの劇場上映とのことで期待してませんが、本当に期待外れでした。(笑)
アニメ見たことある人が、日常回とわかって見に行くべき作品。
各キャラの設定については全く説明なし・・・というか、
スバルの「死に戻り」についてさえ、一瞬さっと説明があった程度。
アニメを知らない人が見に行くと、別の何かを見ることになるかも。
そもそも、ほんわかストーリーではないし・・・

賛否ご意見あると思われる内容でした。
はなちゃんは、(~~)うーん微妙・・・。正直言うとつまらなかったです。
日常回見るなら、のんのんびよりの方がいい(^^;)かも。

1週目入館特典のミニ小説。

s-2018-10-08 15.56.46.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

(アニメ映画)劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~(TOHO新宿) [◇映画]

2018年9月29日公開の「劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~」に行ってきました。

s-2018-08-20 12.17.32.jpg

はなちゃんは、やっぱ夏目君好きなので、公開直後にさっそく鑑賞です。
劇場内はほとんどが女性というアニメ映画には珍しい状況でした。
上映中、にゃんこ先生が可愛らしいことになり、
あちこちから「かわいいっ!」という声が聞こえます。(^^)

アニメ作品を劇場版用に長くした・・・みたいな、いつものほんわかペースです。
映画になったからって、突然躍動感があふれる感じにはならないのが
逆に好感持てました。(ま、そりゃそうだ)

作品初めてさん向けに、幼少の頃の様子など、多少説明はありましたが、
基本はアニメ作品を見ている人向けだったと思います。

夏目友人帳は怖いことにもならないし、アンハッピーエンドにもならない。
安定の優しさで、夏目君好きな人にもれなくお勧めの映画です。(^^)
にゃんこ先生が驚いたことに可愛いことになってしまうのも、
悪くはないのですが、あまりに可愛くて、そこだけがいつもの夏目友人帳でなく、
ちょっとあざとさを感じてしまいました。(笑)


nice!(0)  コメント(0) 

(アニメ映画)劇場版 フリクリ -プログレ-(TOHO新宿) [◇映画]

2018年9月21日公開の劇場版アニメ「フリクリープログレー」を見てきました。
9月7日公開の「フリクリーオルタナー」に続いての鑑賞です。

s-2018-10-08 23.31.49.jpg

面白かった。楽しかったです。
フリクリを見るの初めてなので、オルタナの方が理解はしやすかったですが、
人物について少し解っていたので、プログレも楽しく鑑賞することができました。

個人的には、どっちも良かった。両方良かった。
プログレの方が過去作を見ていない人にとっては難しい気がした。
オルタナ見といて良かった。そして、過去作に近いのはプログレの方なのかな。

誰にでもオススメできる映画じゃないけれど、
アニメ作品が好きで何でも見ちゃうよ的な人であれば、
結構楽しめるんじゃないかと思いました。

上映館も少なめで、上映期間もあまり長くないアニメ映画でしたが、
速攻で前売りサイトから席を予約する感じ、休日は満員でした。
こういうアニメ上映これからもやって欲しいと思います!



nice!(0)  コメント(0) 

(アニメ映画)劇場版 フリクリ -オルタナ-(TOHO新宿) [◇映画]

2018年9月7日公開の劇場版アニメ「フリクリーオルタナー」を見てきました。
2000年頃のアニメらしいですが、見たことはなく、予備知識0での鑑賞です。

s-2018-08-20 12.15.58.jpg

ガイナックスと言えば日本では圧倒的にエヴァが人気ですが、
フリクリはアメリカなど海外では人気のあった作品らしい。
今回初めて見て、海外人気、わかる気がします。(笑)
また、クスッとネタがちょい古いため、オッサン&オバサンの方がツボにハマるかも。

はなちゃんとあーる君は、これ好きですね。(^▽^)良かったと思います。

後で思い返せば、ストーリーはよくわからない。
大切な場所を奪い取っていく何かと戦う高校生たち。
自分が何が出来るのか発展途上の彼女たちのキモチ、友情、家族。

こちらも理解不十分ながら、応援したい気持ちでいっぱいで、
ストーリー展開を見つめていました。

全体的にテンポが良く、ちょくちょくクスッとポイントがあり、
ハラハラワクワクするストーリー展開。
135分という長編ですが、楽しく見ることができました。

世の中的には、不評が多い本アニメ映画ですが、はなちゃんは好きでした。
2018年9月28日公開の「フリクリープログレー」も絶対見たいです。(^▽^)/

s-2018-10-08 23.34.17.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

(アニメ映画)君の膵臓をたべたい [◇映画]

2018年9月1日公開の「君の膵臓をたべたい」に行ってきました。

s-2018-05-03 08.56.09.jpg

実写映画があった後で、アニメ映画の上映となりました。

はなちゃんは、内容は全く知らないまま見に行きましたが、
映画の最初にある程度のストーリーが予測できる内容となっていたため、
不安にもならないし、ドキドキもしないで、安心して見ることができました。

ストーリーも、悲劇になりがちなこの手のテーマであったにもかかわらず、
まあ良かったのではないかと思えるものでした。
ただなんとなく、鑑賞後、しんみりした心持ちになってしまうので、
デートにはちょっと不向きかな・・・と思います。

来場記念の短編小説。

s-2018-09-01 19.27.08.jpg

映画の後日談の小説になりますが、
こちらの内容もほんわかしてとても良かったです。


nice!(0)  コメント(0) 

(アニメ映画)ペンギン・ハイウェイ [◇映画]

2018年8月17日公開の「ペンギン・ハイウェイ」を見てきました。

s-2018-08-20 12.15.04.jpg

正直面白かった。この夏一番良かった映画です。
「四畳半神話大系」や「夜は短し歩けよ乙女」など、
はなちゃんお気に入りの森見登美彦さんが原作ということで、
やっかいな難読アニメを期待していました。(笑)

しかし実際は、設定はなかなか非現実的であるにもかかわらず、
誰にでも理解しやすいストーリーで、楽しく、そしてちょぴり悲しい
エンターテイメント性の高いアニメです。

君の名は。のヒット以来、アニメ映画が多発していますが、
どれか一つ見るのなら、ペンギン・ハイウェイをオススメしたいかも。



nice!(0)  コメント(0) 

(アニメ映画)詩季織々 [◇映画]

2018年8月4日公開の「詩季織々」を見に行きました。
こちら当初3週間限定公開でしたが、まだ上映していたり、
これから上映のところもあるようです。

s-2018-04-28 12.49.54.jpg

新海誠の「秒速5センチメートル」に感銘を受けた中国の監督が企画し、
中国の監督と日本監督の合作というアニメ短編映画ですが、
中国を舞台に描かれるアニメではあるものの、
日本のアニメファンも違和感なく見ることができると思います。

「陽だまりの朝食」「小さなファッションショー」「上海恋」の3作品。
「秒速5センチメートル」のように、ゆるやかに繋がっている作りではなく、
3組の人たちの、それぞれの日々を描いた映画となっています。

ありがちな日常であって、特殊性や意外性は全然ないのですが、
その分ほんわかした気持ちで見ることができ、良かったと思います。
新海誠の作品と似ているか?というと、それほど似ていないような気がします。
もうちょっと普通路線かな。


nice!(0)  コメント(0) 

(アニメ映画)ちいさな英雄 カニとタマゴと透明人間「カニーニとカニーノ」「サムライエッグ」「透明人間」 [◇映画]

2018年8月24日公開の
ポノック短編劇場「ちいさな英雄-カニとタマゴと透明人間-」を見てきました。
「カニーニとカニーノ」「サムライエッグ」「透明人間」の3本の短編です。
1本が10分~15分というとても短い短編です。

s-2018-08-26 20.56.42.jpg

結論から言いますと、大人向けではない。しかし、こども向けでもない。
いやいやえん(懐かしい・・・)みたいな話です。
理解するにはお子さんには少し難しいと思うけれども、
大人になにかを語りかけるものでもない。

というわけで、誰が見ると楽しめるのか?が、ちょっと難しい映画でした。
個人的にはオススメではありません。



nice!(0)  コメント(0) 

(アニメ映画)未来のミライ(細田守) [◇映画]

2018年7月から上映中の「未来のミライ」を見てきました。
過去にもサマーウォーズやバケモノの子などの長編アニメを手がけています。

s-2018-04-28 10.00.33.jpg

劇場は大人もいるし、ファミリーもいるという感じ。
意外にお子さんが多いように思いました。

ミライちゃんという妹が生まれたくんちゃんが、いろいろ不思議な経験をしながら
いろんな人たちの思いを知って、すてきなお兄ちゃんになっていく、という物語です。
一つ一つは素朴なストーリーでほのぼの系。
過去と未来と現実が、うまいこと入り交じってストーリーが進みますが、
それほど展開は早くないので、多くの人にわかりやすかったと思いますが、
お子さんには少し難しいかもしれません。

赤ちゃんが生まれて小さいお兄ちゃんが嫉妬する話がかなりリアルに描かれるため、
ファミリーで見る場合、特に小学生くらいの兄妹が一緒に見ると、
ちょっと気まずい感じ(苦笑)になるのではないかと心配しちゃいました。(^^;)

家族がテーマではあるけれども、ファミリーよりは大人向けかなという印象です。
はなちゃんとあーる君的には、思ったよりも良かった♪
ほのぼの系で、恋愛要素は0ですが、デートで見るのもいいと思います。(^^)




nice!(0)  コメント(0) 

(アニメ映画)劇場版ポケットモンスター みんなの物語(TOHOシネマズ六本木) [◇映画]

2018年夏のポケモン映画
「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」に行ってきました。
ポケモン映画は本当に久しぶり。ポケGo参加券欲しさにやってきました。

s-2018-08-10 16.06.53.jpg

TOHOシネマズ六本木の平日最終、19時からの回です。
ジョイフルでポケGo参加券もらうため晩御飯にしようと思っていたところ、
初日夕方には参加券無くなったと聞き(苦笑)、
TOHOシネマズで参加券手に入れよう!ってんで、ここ六本木に居ます。

100席ちょっとしかない狭いスクリーンでしたが、来場者も10人くらい。
メッチャゆったり見れました。ちなみにお子さんは皆無でした。(だよね)

入場記念にゲームのゼラオラのキャラが頂けるようで、
劇場でゲーム機を操作している人(もちろん大人)も見かけました。

映画はやはりお子さん向けな感じでした。
みんなで助け合うストーリーが、ほんわかするようで、
応援したくなるようで、良かったと思います。
残念ながら大人すぎて、ものすごく入り込むことは難しかったかも。(苦笑)

久しぶりに見たポケモンの映画は、悪くはなかったです。(^^)
男性も女性も一人で見に来ている人多かったです。
ポケGo参加券目的であれば、一人でも参加しやすいし、
平日夜のポケモン映画オススメです。



nice!(0)  コメント(0)